働くママ

大野 絵梨子 さん

File.2

大野 絵梨子 さん

夫と長男(小2)、次男(6歳)の4人家族。4年前、キッズスペースを併設した古民家カフェ「coco café -relief-」をオープン。ママが楽しめる多様なサービスを提供したいと現在も奮闘中!

一緒に夢を叶えた妹の安本佳那子さん(左)も子育てママ。「ママがゆっくり寛いで元気と笑顔になれるカフェです!」と笑顔がステキな仲良し姉妹

一緒に夢を叶えた妹の安本佳那子さん(左)も子育てママ。「ママがゆっくり寛いで元気と笑顔になれるカフェです!」と笑顔がステキな仲良し姉妹

「仕事と育児のバランスがとれるようになり、家族との時間も増えた」と大野さん。子どもたちの笑顔を見ると頑張ろう!と力が湧いてくるそう

「仕事と育児のバランスがとれるようになり、家族との時間も増えた」と大野さん。子どもたちの笑顔を見ると頑張ろう!と力が湧いてくるそう

もともと保険代理業をしていた大野さん。
「上司と仕事の方向性に違いを感じて、働き方を変えたいと思っていた時、
妹と『いつか一緒にカフェをやろう』と話していたことを思い出して。
すぐに妹に声をかけ、事業計画を立てました」と一念発起してカフェを開業。

しかし当時は、4歳・2歳の男の子の育児に奮闘する日々。
あらゆる方法を試し、仕事との両立を模索したそう。
「でもどれもうまくいかなくて。負担が減るどころか、
イライラと不安で子どもたちを怒るばかり。本当に苦しかった!」
と、2年ほどジレンマを抱え続けたと大野さんはいいます。
乗り越えたきっかけは妥協できない自分が原因と気づいたこと。
「〝できるママ〟にとらわれて、自分を追い込んでいたんです。
そこでようやく、家族の幸せや笑顔のために、
手を抜いても良いんだと思えるようになりました」。
気持ちに余裕が生まれたことで、
仕事と育児のバランスもとれるようになったと話してくれました。

「母親になると育児や家事で、自分の時間が無くなります。
世の中も『母親とは』とイメージで縛りがちです。
そんな状況で新しいことを始めるにはかなり勇気がいります。
でも大丈夫!すでに子育てという、もっとも大変なことを続けているのだから
きっと両立できますよ!」
と悩めるママたちへエールを送ってくれました。

そんな大野さんが大切にしているのは、「自分を好きでいること」。
不安やストレスも、自分を成長させるスパイスだと思えば、
怖がらず向き合えると教えてくれました。
「スタッフやお客さんが笑顔になれる場所をもっと増やしたいと構想中です。
これからも、やってみたいけど自信がないというママの
後押しができる自分でありたいと思っています」と大野さん。

「楽しむこと」こそが夢を実現する原動力になるんですね!

働くママ一覧はこちらから


PAGE TOP